女性の薄毛を改善するには?効果的な3つの方法

男性の薄毛が男性ホルモンが原因であることがほとんどですが、
女性の薄毛は女性ホルモンの乱れが原因であることが多く、男性のそれとは大きく異なります。

つまり、女性の薄毛を改善するには男性と同じようにしていては効果が期待できません。
では、どのような方法が女性の薄毛改善には効果的なのでしょうか。

1、女性ホルモンを補う

多くの女性が高齢になるにつれて、髪の毛が細くなってきた、ハリやコシがなくなってきたと自覚しています。
髪の毛が一部分だけでなく、全体的に薄くなるという症状が出てきた場合、その多くは「瀰漫(びまん)性脱毛症」だと推測されます。

女性ホルモンが乱れる更年期に症状が悪化することが多いのが特徴です。
自分でできる対策としては、女性ホルモンと似た働きをするというイソフラボンを含む食品(大豆製品など)を積極的に食事に取り入れること。

サプリメントを摂取しても良いでしょう。その場合は、一度医師に相談してからの方が良いかもしれません。

2、規則正しい生活を

食生活、睡眠時間、運動…どれも完璧に体にいい生活を送れている人は、それほど多くないのではないかと思います。
バランスの良い食事がとれているか、睡眠時間は足りているか、適度に運動しているか、自分の生活習慣を見直してみましょう。

特に、脂質の多い食事は皮脂の増加につながります。皮脂が多いと毛穴が詰まって、抜け毛の原因になることも。
それを気にしてヘアケアをし過ぎると、さらに薄毛を進行させる原因にもなりかねません。

さらに、栄養分の摂取が十分でないと、爪や髪の毛の末端細胞は真っ先に栄養不足になりますので、注意が必要です。
睡眠時間に関しては、長さよりも、ゴールデンタイムと呼ばれる午後10時~午前2時の間に眠っているかどうかが重要になります。

また、適度な運動は血行を促進して頭皮に栄養が行きやすくしますので、薄毛の改善に効果的です。

3、ストレスをためない

どのタイプの薄毛でも、原因の一つにストレスが挙げられます。
仕事、子育て、ご近所との付き合い、親の介護…どの年代の女性も、ストレスの原因となるものはたくさんあります。

1日のうち、少しでもいいのでリラックスできる時間を持てると、薄毛の改善につながります。