薄毛は男性にありがちな悩みでしたが、近ごろは女性の薄毛も増えて来ています。

男性と女性の薄毛の原因は異なり、女性の場合主にホルモンバランスの乱れがその原因であることが多いようです。

女性の体のホルモンバランスが大きく乱れるきっかけは、やはり体に大きな変化をもたらす妊娠・出産と、閉経時です。

「分娩後脱毛症」は、その名の通り出産後に薄毛になってしまう症状です。

髪の毛は、成長期→退行期→休止期→自然脱毛のサイクルを繰り返して生え変わりますが、出産後、一気に休止期に入ってしまうために脱毛症状が出るのです。

多くは授乳を終える産後6カ月~1年ほどで改善されてきますが、体力の回復が遅いと脱毛期間が長くなります。
とはいえ、一般的に自然回復する脱毛症なので、髪の毛を気にするよりも体力回復に努めることが一番の対策法となります。

次に、更年期に差し掛かると気になってくるのが「瀰漫(びまん)性脱毛症」です。
女性に最も多く見られる脱毛症で、髪全体が薄くなって頭皮が透けて見えるようになってきます。

多くの女性が高齢になると髪が細くなり、ハリやコシがなくなっていくものですが、更年期前後にホルモンバランスが乱れることによって悪化すると言われています。

他に、精神的なストレス、ダイエットによる栄養不足、女性ホルモン薬等の使用、過度のヘアケアも原因に挙げられます。

瀰漫性脱毛症は、原因を取り除くと改善する可能性が高い脱毛症と言われているので、改善のためには自身の生活習慣を振り返って、どこに原因がありそうか見極めることから始めましょう。

薄毛を気にして落ち込むとそのストレスでさらに症状が進行することもありますので、なるべく気を楽に。
安心できるなら皮膚科で医師に相談したり、薬局で薬剤師に相談したりして、プロのアドバイスをもらうのもいいでしょう。

また、長い間同じ髪型をしたり、同じ個所で分けたりしていると、引っ張られている部分が薄くなってくる薄毛を「牽引性脱毛症」といいます。
これも女性によく見られる脱毛症です。

対策としては、髪の毛を引っ張らない髪型にしたり、ときどき分け目を変えること。
早く回復させたい場合は頭皮マッサージも効果的です。